つなまよダイアリー

20代 / ゲイ / HSP  日々感じたことを綴っています

ぼくのお昼は誰のものか

ぼくの職場ではお昼になると
役員がみんなをお昼に連れて行こうとする。
役員がオフィスにいるときは毎日だ。
昔は強制だったそうだが、
今は"一緒にお昼行きませんか"といった感じだ。

 

断ることもできる。
今日はちょっと。。と言っても全然問題はない。

 

ぼくはいつも行かない。
派遣なので社員さんたちの輪に入るのも気が引けるし、
何よりHSPであるぼくは、
集団でご飯を食べるのが大嫌いだし、
お昼くらい一人で過ごして午前中の気疲れを癒したいのだ。

 

だが今日はオフィスに人が少なかった。
ぼく以外の人たちが役員とお昼に行ったのだ。

 

なんとも気まずい。
これは行くべき状況だったかも。。
いや、行ったら何で今日は来たのって思われたはず。。
などと昼休み中一人でグルグル考えて逆に気疲れした。

 

めんどくさい・・・
こんなことでしばらく悩むんだろう。

 

もう終わったことだ。
どうすべきだったか考えるのはやめよう。

"お昼行かない人"ブランドを立ち上げて確立していこう。

ぼくだけのための1時間なんだから。

 

つなまよ